HOME > 大学院紹介

大学院紹介


 工学研究科機械系4専攻(機械機能創成、ファインメカニクス、航空宇宙工学、ロボティクス)と、技術社会システム専攻からなり、これらに情報科学、環境科学、医工学の各研究科の関連研究室を加えた独創的・学際的基礎研究と専門基礎教育を展開します。リサーチアシスタント、ティーチングアシスタントとして多数の学生が参画して、研究、教育に貴重な経験を積みつつ、新たな産業創生や科学技術の発展に繋がる高等専門教育を受けています。このようなけんさんを積んだ卒業生は、技術を通して未来社会の設計を担っています。
大学院の特色はこちら

工学研究科

機械機能創成専攻

 機械工学における設計を大幅に拡張した機械機能創成という新たな学問分野の確立と、その分野に精通し、界面・表面加工とその制御に基づく新材料開発とエネルギー分野への応用に指導的役割を果たす人材を育成するための高度専門教育を行います。

ファインメカニクス専攻

 機械工学を原子レベルの世界に発展させたファインメカニクスという新しい領域の研究を強力に推進するとともに、研究成果を新しいエンジニアリングへ展開するために必要な機械工学のフロンティアを切り開く人材を育成するための高度専門教育を行います。

航空宇宙工学専攻

 航空宇宙に求められる厳しい環境と独特の制約下での高度な設計技術の確立や、数値シミュレーション技術等の高度化、総合化を計ることにより航空宇宙における専門分野についての先端的研究を推進すると共に、その高度専門教育を体系的に行います。

ロボティクス専攻

 ロボットは様々な技術の集合体ですが、ロボット用高性能センサーの研究、新しいロボット機構の研究、高度な画像解析技術の研究、そして新しいロボットの提案と実証に至るまで、ロボット関連技術を総合的に研究するとともに、高度な専門教育を行います。

技術社会システム専攻

 研究開発成果を社会貢献に生かす手法を、経済学、経営工学、環境学の視点を融合して考えます。従来の理系人材に社会科学分野を取り込んだ、21世紀型の新しい技術者像を創り出します。

情報科学研究科

 最先端のロボット工学と実現象の超高速情報処理を研究の中心テーマとし、機械工学の専門分野を超えて世界をリードする学際的人材を育成するための、高度専門教育を行っています。

環境科学研究科

 人類にとって今世紀最大の課題である、環境・エネルギー分野の問題解決のために、高度で専門的な研究を展開しつつ、これを生かすための幅広い総合力を併せ持つ優れた人材を育成することをめざして、総合科学としての環境科学の研究・教育を行います。

医工学研究科

 医学と工学の融合領域における広い視野と深い知識を基本としつつ、豊かな社会の実現をめざして、自ら考えて研究を遂行し、医療・福祉における科学技術の発展と革新を担うことができる創造性と高い研究能力を有する人材を育成するための高度な専門教育と研究を行います。