HOME シリーズタイトル一覧 読みどころコラム よくある質問 ご意見・ご感想 瀬名秀明がゆく!
東北大学 工学部 瀬名秀明がゆく! シリーズ29 スプライトサット スペースアート作家たちからのメッセージ

 はじまりは、瀬名秀明特任教授のもとに寄せられた一通のメールからでした。
 宮城県内一、全国でも数番目の児童数を持つ仙台市立広瀬小学校は、現在、建設中の愛子(あやし)小学校に平成21年4月に分離することとなりました。その最後のPTA記念行事に子供たちの胸に残ることをしたい…。その思いを叶えるべく瀬名特任教授と東北大学・機械系は、数ヶ月も前からこの日のために準備に準備を重ねてきました。そしてこの日、子供たちに贈られた特任教授からの贈り物とは…。
《構成&写真:チュン吉左衛門》

スペースアート作家 小野綾子
2008.12.16更新
page|1|

機械系in広瀬小学校


  中橋 和博 教授 【なかはし かずひろ】
 
 

中橋 和博 教授
【なかはし かずひろ】

航空学で博士号を取得後、航空宇宙技術研究所(現JAXA)にて液体ロケットエンジン開発に参画。そのエンジン性能解析に関連してNASAにて数値流体力学(CFD)の研究を行う。帰国後はジェットエンジン内の流れ解析やCFDアルゴリズム研究、最近では三菱航空機株式会社の旅客機MRJ開発に共同研究として参画、CFDを用いた飛行機周りの流れ解析や形状最適化の研究を行っている。日本航空宇宙学会副会長。

1979年
東京大学大学院博士課程 修了

1979年〜
航空宇宙技術研究所 研究員
(現:JAXA)

1983年〜85年、
1991年
アメリカ航空宇宙局(NASA)勤務

1993年
東北大学大学院工学研究科
航空宇宙工学専攻 教授





  中村寿助教
 
 

中村 寿 助教
【なかむら ひさし】

東北大学入学後、在学中に東北大学Windnautsと国際宇宙大学にて人力飛行機と 観測ロケットの設計・開発に携わる。超音速燃焼を専門に研究を行い、2007年よ り東北大学流体科学研究所の助教として着任。現在は、ロケット・航空機・自動 車のエンジン、火力発電所、ボイラ、プラント等の幅広い分野での燃焼に関する 基礎研究を行っている。

1997年
東北大学入学と同時に東北大学Windnautsに所属

2004年
国際宇宙大学サマーセッションプログラム修了

2006年
東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻にて工学博士の学位取得


東北大学流体科学研究所 教育研究支援者に着任

2007年
東北大学流体科学研究所 助教に着任




 

 

 2008年11月20日。前日には仙台の街に冬の到来を告げる初雪が降りました。この日の明け方からの雪は私たちが小学校に到着する頃には冷たい雨へと変わります。冬の到来とともに行われた授業…、この冬が終わる頃、暖かい日差しとともに子供たちはこの学校で過ごしてきた思い出を胸に新設校へと分離してゆきます。
 その記念すべき授業の前に各登壇者の紹介が始まりました。
 まず本日の出演者、東北大学のサークルで人力飛行機を作り今年(2008年)の「鳥人間コンテスト」で見事優勝を果たした東北大学Windnautsのメンバー、(左より)堀内真愛さん、西脇渉君、東北大学WindnautsOBの中村寿助教(東北大学流体科学研究所)、 中橋和博教授(同大学院工学研究科航空宇宙工学専攻)、そして瀬名秀明特任教授らが紹介されます。
 続いて舞台から出演者による紙飛行機が飛ばされ、いよいよ特別授業の始まりです。

画像

画像

 授業のスタートは、瀬名秀明特任教授から。瀬名特任教授は、作家であると同時にプライベートパイロットの免許も持っています。授業では、この夏に沖縄の空を飛んだ思い出の写真と話を交えながら、飛行機の話、飛行機を運転する前にパイロットが注意しなくてはならないこと、また、飛行機の模型を使いながら実際に飛行機がどうやって自由自在に空を飛ぶことができるのか等を説明してくれました。

画像

――それではアメリカロスアンゼルスのレッドランズ空港を一周して離陸から着陸する訓練に英語で挑戦! 実際のパイロットの免許をとる試験の一部をプロジェクターを使って体験しました。
瀬名「このヘッドセットはどうしてつけるか知ってる?」
生徒「通信」
瀬名「そう管制塔と通信している。
他にも理由があるんだよ。飛行機のエンジン音から耳を守る理由もあります」
瀬名「それでは自分がパイロットになったつもりでヘッドセットを使って安全に通信してください。でないと周囲にぶつかってしまいます。それからパイロットは英語がはなせなければなりません。」
――子供たちはプロジェクターに映し出された真上からの空港の映像と先生が映像に書き込んでくれた矢印と吹き出しを見ながら注意深く先生の指示を聞きます。
瀬名「一つ英語のコツを教えると数字の『ゼロ』は『ズィロ』と言った方がより英語らしく聞こえるよ」
生徒「レッドランズ・トラフィックス、セスナ・フォー・ナイナー・ナイナー・ズィロ・ツー……。」
瀬名「パーフェクト!」
――参加してくれた皆さんは初めてとは思えない程、瀬名特任教授の後に続いて英語でスラスラ通信していきます。未来が頼もしい子供たち。無事に滑走路を一周することができました。

※レッドランズ空港の写真は長谷川俊平氏よりご提供いただきました。

画像

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
写真の「R/C空とぶドラえもん」は、
発売元:(株)エポック社、販売元:(株)タイヨーの玩具です。

 
東北大学工学研究科・工学部ホームページ 東北大学ホームページへ