HOME大学院紹介 > 航空宇宙工学専攻

航空宇宙工学専攻


概要

シミュレーション技術の高度化や総合化による航空宇宙分野の先端的研究を推進すると共に、厳しい環境と独特の制約下における航空宇宙機の設計技術の確立を目指して、高度専門教育を体系的に行います。

特色

優雅に飛行するジェット旅客機や、轟音を発して宇宙に駆け上がる打ち上げロケットなど、航空宇宙分野の機械には、精緻な巨大システムだけが有する美しさがあります。大気圏に超高速で突入してデータを採取する惑星探査プローブや、遥か彼方の宇宙空間で自律的な探査活動を行う宇宙ロボットなど、設計することが科学そのものである機械もあります。最新技術が集積された航空宇宙機の研究開発に多くの若者が夢と未来を重ねています。
航空宇宙工学専攻の教育研究内容は、シミュレーションサイエンスとスペーステクノロジーの二つのキーワードで端的に表現されます。シミュレーションサイエンスでは、サイエンスに基づく緻密なシミュレーション技術の向上や、シミュレーション結果を用いた機体設計法などが研究されており、研究成果は主として我が 国の航空機開発に供されています。一方、スペーステクノロジーでは、深宇宙探査の主役である自律型の探査ロボット、宇宙ステーションに代表される大規模な宇宙構造体、あるいは宇宙空間に飛び出す宇宙機の新世代推進エンジンに関する研究などが行われ、我が国の宇宙開発における基幹技術の発展に大きな貢献を果たしています。

航空宇宙工学専攻の多くの教授は、かつて航空宇宙技術研究所(現、日本宇宙航空研究開発機構)の研究者や、航空機メーカーのエンジニアとして、航空宇宙分野の第一線の研究や航空機開発に従事していました。このため、各研究室では、国内の航空機や宇宙機開発に直結した魅力的なテーマの研究が数多く実施されています。航空宇宙工学専攻の修士課程を修了する学生の約2/3は民間会社のエンジニアとして社会に巣立ちます。残りの多くは博士課程に進学し、国や民間の研究所あるいは大学機関で新たな研究開発や後進の育成に携わります。

教育理念

航空宇宙技術の開発においては、次世代の環境適合型旅客機や超音速旅客機、再使用型宇宙往還機や国際宇宙ステーションなど、巨大システムを完成させる総合技術力が特に重要になります。そのためには、厳しい環境および制約下での高度な設計技術の確立が必要であり、数値シミュレーションをはじめとする個々の技術の高度化と、それらの総合化が要求されています。このような航空宇宙技術は、知識集約性、技術先端性に優れており、航空宇宙工業の発展を導くのみならず、他分野への高い波及効果が期待されます。本専攻では、このような観点から航空宇宙における専門分野についての先端的研究を推進するとともに、その高度専門教育を体系的に行います。

大学院紹介

  • e-mail magazine:機械系メールマガジン
  • women@mech:女性のためのウェブサイト
  • open lecture:機械系オープン講義
Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにAdobe Readerが必要です。最新のAcrobatがAdobe社のサイトよりダウンロード(無料)可能です。