HOME大学院紹介 > ファインメカニクス専攻

ファインメカニクス専攻


ファインメカニクス専攻とは

 ファインメカニクス専攻では、ナノテクノロジーに基づいて、原子レベルから機械材料の機能と性能を解明し、マイクロ・ナノ領域の機械構造を巧みに創成し、それらの制御方法を確立する研究を強力に推進しています。これらの研究を担うことで、ナノテクノロジーにからエンジニアリングへの展開に必要な、機械工学のフロンティアを切り開く人材を育成しています。ナノ領域の精密加工とセンシング、ナノ機械構造による機能材料、マイクロ・ナノ機械システム、バイオ機械システムなどの革新的技術開発に取り組んでいます。知的活力のある豊かな21世紀社会の実現に不可欠な新技術創出を支える、ナノテクノロジー。工業、産業、医療など多分野に渡って世界の未来をつくる最先端研究領域です。

過去から未来、東北大学が選ばれる理由

 東北大学大学院ファインメカニクス専攻では、ファインメカニクスを実際の産業技術へ応用展開するために、材料メカニクス、ナノメカニクス、バイオメカニクスの3講座を設置し、ナノ領域の材料メカニクス分野の講義、ナノテクノロジーに基づいたメカニクス分野の講義、バイオ分野のメカニクスの講義、さらに3者に関連した分野の講義と研究指導を通じて、マイクロ・ナノ領域に展開する機械工学のフロンティアを切り開く人材を養う高度専門教育を行っています。
 ナノ領域からマクロ領域に関連したさまざまな機械工学分野における最先端の研究成果にふれ、実問題の重要性を体験しながら、新たな課題を探求する能力と、その問題を解決する能力を培う貴重な時間。自動車、航空機からバイオ機器などの産業分野に展開される材料メカニクス、ナノメカニクス、バイオメカニクスなどの応用技術を、自らの手で開発する醍醐味に溢れています。